2Dレントゲンと3Dレントゲンの比較

 

左上の奥歯が痛くて来院された患者様です。

 

    2D(レントゲン)            3D(CT)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image0-6-1024x768.jpeg

レントゲンでは根尖にある病巣が    CTはレントゲンに比べて根尖にある病巣
ぼんやりとしていてわかりずらい。   が黒くはっきりと写っている。

 

左のデンタルレントゲン(2D)を見ると、特に問題ない状態ですので、痛みの原因がはっきりわからず、とりあえず問題ないので様子見てください。といわれて治療が終わるかもしれません。

右のCTレントゲンの場合、見つける事が出来なかった奥歯の根っこにはっきりとした透過像が確認できて、たくさん膿がたまっていることが、はっきりとわかります。

正確な診査ができれば、正しい診断が出来て、それに対する正確な治療を行うことが出来ます。

 

この患者様は、麻酔してその場で膿を取る事が出来たので、帰るときには痛みもなくなりました。もちろん歯を抜くこともなく万事休すでした。

当院では歯科用CTも完備して診療を行ってます。

 

 

 

切らない縫わないインプラント ソケットリフト法

右上奥歯のインプラント治療を希望の患者様です。

他の歯科医院にて、骨がないのでインプラントは難しいと言われ、諦めていた患者様のケースです。

一般的な手術法は歯肉を大きく切って開いて、インプラントと、人工の骨を入れ、糸でたくさん縫いますが、

当院では、歯肉と骨に小さな穴を開け、インプラントと人口の骨を入れて終了する、パンチ法での高度な治療を行っております。

術中も術後も痛みはほとんどありません。

患者様の手術による負担を極限まで抑えた手術法です。

 

CT画像

 

 

切らない縫わないインプラント

幼少期の頃に抜歯してしまい両側1本の入れ歯を使用しているが入れ歯は不便なので、インプラントをご希望され、来院された患者様の症例です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 19606-3.jpg

下顎両側5番欠損歯

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 19606-6-1.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 19606-7.jpg

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 19606-12-1.jpg

下顎両側パンチ法(切らない縫わないインプラント)にてインプラントを埋入しました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 19606-5-1024x683.jpg

上部構造(ジルコニアセラミック)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 19606-4-1024x683.jpg
模型上にてスクリュー固定
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 19606-8.jpg

口腔内にて上部構造ジルコニアセラミックSET

 

 

埋入手術から2ヶ月で上部構造の型取り・3か月でジルコニアセラミックが入りました。

患者様には天然歯と区別がつかないくらい綺麗になったと喜んでいただきました。

マイクロスコープ顕微鏡を使った治療

当院では、マイクロスコープ顕微鏡を使って根の治療を行っております。

 

こちらの写真が肉眼で見た状態です。(実際はもっと小さく見える)

ミラーを使って見ていきますが、根の中は細く細かいのでよく見えません。

 

こちらの写真はマイクロスコープ顕微鏡を使って見た状態です。

 

拡大されるので見やすくなります。

写真で見ても見やすさは大いに違います。

 

かぶせ物が外れてしまった歯の中の状態です。

中に古いセメントが残ったままなので、マイクロスコープを使って根管内の虫歯で汚染された歯質や古いセメントを綺麗に取り除いていきます。

 

綺麗に取り除いた状態です。

肉眼で治療をするより鮮明に見えるので、肉眼のみと違って、虫歯などの取り残しがなくなります。さらに虫歯チエッカーそめ出し液(カリエスチェッカー:右写真)を使って、虫歯などの感染を染め出して、完全に虫歯の除去が可能です。

その為、治療の成功率が高くなり歯の予後もよくなります。

 

あなたは肉眼のみの治療と、顕微鏡を使った治療、どちらの治療を選びますか?

当院では、マイクロスコープ顕微鏡による、精密根管治療も行っています。

 

ガイドステントを使った、切らない縫わない、痛くないインプラント

上顎6本インプラントの症例です。

今回は本数が多いので、ガイドステントを使用して、位置を決めてインプラントを埋入していきます。

麻酔をして十分に効いてから、正しい位置に素早く埋入できるよう、事前に患者様専用のガイドを作ります。そのガイドを使いこのような流れで行っていきます。

骨が十分にある場合のガイドステントによるシンプルな埋入の方法です。

 

麻酔が十分に効いているので術中の痛みはありません。

当院のインプラントの種類はすべて、世界シエア1位のストローマン社のインプラントを使用しています。

また体質や骨の硬さや量、厚みによっては、アジアシエア1位のオステム社のインプラントなどを使用する場合もあります。

欧米人と違ってアジア人の顎の骨は小さいので、アジア人向けに作られたインプラントシステムはサイズが豊富なので場合によって日本人の顎の大きさに最適です。

 

骨が十分にない場所にはソケットリフト法で人工骨を入れて埋入していきます。

人工骨を入れた場合でも、縫合は必要ありません。

一般的にはサイナスリフトという大掛かりな手術法にて、骨を作りますが、当院ではこのソケットリフト法を行うので、メスを使う必要もなく、切らないので腫れも痛みもほとんどなく治療が行えました。もちろん術中の痛みもありません。

左上6番目の歯は、骨がないので足らない部分に人口骨を使用してインプラント埋入しました。

 

左が埋入前、右が埋入後のCTです。

 

ガイドの位置にすべて埋入が終わったら、CTレントゲンで確認します。

        オペ前                オペ後

治療時間は麻酔の時間も入れて1時間前後です。通常たくさんの本数を埋入するとなると時間もかかって患者様も疲れてしまい大変だと思いますが、こちらのガイドを使うとオペも短時間で終了します。

ガイドステントを使う事にて、歯肉に小さな穴を開けてそこにインプラントを入れるので、メスを使いません。歯肉を切らないので、針で縫う必要もなく早いです。

そして切ったり縫ったりしないケースなので、術中、術後の出血や痛みも少なく、オペ後の腫れも最小限に抑えることができます。また抜糸もいらないので、通院回数もその分少ないです。

上のセラミックの歯が入るまでは義歯を仮歯として使用します。

 

 

前歯のインプラント症例

前歯をぶつけて2本折れてしまい、その歯は残せず抜歯が必要となりました。

その為、インプラントをご希望で前歯2本のインプラント症例です。

他の歯は残せたのでセラミック治療を行い、前歯2本は抜歯と同時にインプラント治療を行って4か月後の状態です。インプラントが治るまでの間、抜歯と同時に作った仮歯が入ってました。

インプラントを埋入した後、歯茎が綺麗に治ったので上物のセラミックの歯の型取りをしてセラミックの歯を作りました。

ジルコニアセラミックで作られた歯です。色や形も周りの歯に合わせて自然な見た目です。

作ったジルコニア(ダイアモンドセラミック)を装着して、治療は終了です!

 

AED講習会

 

こんにちは!

 

 

先日、院内にて自動体外式除細動器(AED)の講習会を行いました。

 

何かあった際には、応急対応できるようスタッフ全員で受講しました!!

 

 

人が倒れてしまった場面から何度も練習し、緊急時のとるべき行動を学べてよかったです。

 

院内でやったということもあり、チームワークが良く連携がとれていました。

 

 

焦らずに冷静にやることが大切と分かりました。

 

高圧電流をながしたり、マスクで空気をいれる際以外は、

心臓マッサージを続けなければいけないこと。

 

 

マスクで空気をいれる際は、軽くいれることなど

色々と大切なポイントをしっかり学びました。

 

 

 

緊急時、適切な対応をとりたいです。

 

 

まだまだ、暑い日が続きますので熱中症対策お気をつけ下さい^^

 

 

 

GW休診日のおしらせ

ゴールデンウィークの休診日は
5月1日~6日となっております。
5月7日から通常診療しております。
よろしくお願い致します。

台場フロンティアデンタルクリニック

切らない縫わないインプラント

今回の患者様は、両側奥歯の2本同時インプラントです。

パンチ法でインプラントを埋入する位置に切開はせずに歯肉に小さな穴を開けます。

穴を開けた位置にインプラントを埋入して、その上にキャップをして手術終了になります。

パンチ法でのインプラント手術は、切開や縫合をしないので手術時間が短く、出血が少ないです。

術後の痛みや腫れもほとんどありません。

骨がしっかりある場合にはこのようなシンプルパンチ法で簡単にインプラントを埋入する事ができます。

こちらがインプラント埋入後のレントゲン写真です。

骨の中にしっかりと埋入されました。

骨のない奥歯へのインプラント

右下の奥歯にインプラント希望の患者様です。

骨が無い部分にインプラントを入れていくので人工骨で骨を増やす必要があります。

なるべく短期間で歯が入るよう、インプラント埋入と人工骨での骨づくりを同時に行っていきます。

歯がない部分にインプラントを埋入します。

骨の幅が足りない部分はインプラントの根元が見えてしまっています。

このままだとインプラントと骨がくっつきません。

骨が足りない部分に人工骨を入れます。

(インプラント埋入前→埋入後→説明の図)

理想の位置にインプラントが埋入されました!

その後は、インプラントと人工骨がくっつくまでに4か月~半年ほど待って上物の型取りをします。