ホワイトニング

当院では、オフィスホワイトニングホームホワイトニング歯茎のホワイトニング神経が死んでしまい変色した歯への対処を行っております。
あたなのご希望される治療を下記からお選びください。

オフィスホワイトニング-「歯科医院」で行うホワイトニング

当院のオフィスホワイトニングでは、オパールエッセンスエクストラブーストを使用しています。
このホワイトニング剤の特徴を他のホワイトニング剤と比較しながらご説明します。

特徴1 白さに「ムラ」がでなく、光照射を利用しないため「安全」

一般のオフィスホワイトニングでは、ハロゲンランプやプラズマランプの光源と薬剤の「熱反応」で白くしていたのですが、これが白さの「ムラ」や「痛み」の原因となります。しかし、オパールエッセンスでは光照射を利用しませんので、「ムラ」が生じにくく、かつ、痛みも生じにくくなります。

特徴2 薬剤を常に「新鮮」に保ち、ホワイトニング効果を最大限発揮できる

オパールエッセンスは「圧縮配合シリンジ(薬剤を注射器内で調合するタイプ)」によって、ホワイトニング剤を常に新鮮な状態に保つことが可能になっています。
ホワイトニング薬剤は新鮮さが非常に重要で、以前まで支流であったシングルシリンジタイプ(薬剤が1つずつ注射器に入ったタイプ)では、温度差に弱く薬液が分離して、ホワイトニング効果が落ちることがありました。オパールエッセンス エクストラブーストは、この欠点を改善することによって、ホワイトニング効果を最大限に発揮することが可能になっています。

特徴3 来院回数が半分以下になる

一般的なオフィスホワイトニングは、歯科医院に4~5回通わなくてはならなかったのが、オパールエッセンスエクストラブーストを使用することにより、1~2回の通院で済むようになり、時間の節約ができます。



治療の流れ

  • 1.当医院にて歯石の除去等を行ない、お口の中をキレイに清掃します。

    ホワイトニングは、虫歯や歯周病のない状態で行う治療です。
    大きな虫歯がある場合、ホワイトニングの薬液によって、痛みが誘発されて治療できません。歯周病がある場合は、歯茎からの出血により、血液が混じって薬液の効果が出ません。そのため初回は口腔内診査(歯石除去&PMTC)及びカウンセリングや食事制限の説明をいたします。
  • 2.歯を白くする薬剤を塗りホワイトニング開始です。
  • 3.歯の色を確認(シェードチェック)して終了です。

ホームホワイトニング-「ご自宅」でのホワイトニング

当医院ではウルトラデント社(米国)の「オパールエッセンス」というホームホワイトニング治療をご紹介させていただいています。ご自宅で薬剤を塗布したマウスピースを装着するだけで、優しく持続的に歯を白くしていきます。また、オパールエッセンスは他社のホームホワイ トニングシステムと較べ、薬剤ジェルがマウスピースから漏れにくく、使用中のお口の中の不快感が非常に少ないことが最大の特徴です。また、歯にとても優しい成分を使用していますので、治療中の知覚過敏を起こしにくいという特徴も併せ持ちます。

基本的に在宅治療ですが、要所要所で歯科医師の指導のもと行いますので安心です。

オパールエッセンスに用いられている薬剤の主成分は過酸化尿素といい、以前からお口の中の消毒に使われてきたものです。アメリカ医薬品局、アメリカ歯科医師会でも、その安全性が認められていますので、安心してお使いいただけます。


治療の流れ

  • 1.当医院にて歯石の除去等を行ない、お口の中をキレイに清掃します。

    ホワイトニングは、虫歯や歯周病のない状態で行う治療です。
    比較的大きな虫歯があった場合は、ホワイトニングの薬液によって、痛みが誘発されて治療できません。歯周病があった場合は、歯茎からの出血により、血液が混じって薬液の効果が出ません。そのため1回目は口腔内診査(歯石除去&PMTC)及びカウンセリングや食事制限の説明をいたします。これにより本来の歯の色に戻ります。
  • 2.歯型をとり、患者様の歯並びに合ったマウスピースを作ります。
  • 3.そのマウスピースを一度合わせてみて、薬剤の使い方や1日の使用時間などの説明を受けて帰宅します。
  • 4.オパールエッセンス・ホームは使用してから8~10時間まで効果がありますので、その間か睡眠中使用すると効果が大きいです。約2週間続けます。
  • 5.1~2週間に一度来院して頂き、歯の状況やマウスピースが変型していないか定期的にチェックしてゆきます。

ピンク色の歯茎に戻す -ガムホワイトニング

喫煙される方の多くは歯茎が黒ずんでいますが、これはメラニンによるものです。
メラニンは刺激から身体を守ってくれる色素であり、喫煙者の歯茎が黒いのは、タバコの煙に含まれる刺激から守るためにメラニンがたくさん生産されることに起因しています。

上記のようなことが原因で黒ずんでしまった歯茎の色は、当院で行っている「ガムホワイトニング」によって元の健康的なピンク色に戻すことができます。

また、歯茎が黒ずむ原因は喫煙だけではなく、かぶせ物に使用される金属が溶け出し歯肉に沈着してしまう事でも引き起こされます。この場合は金属のかぶせ物を外し、金属を一切使っていないセラミック素材のかぶせ物を利用することになります。
詳しくは審美歯科をご参照ください。

神経が死んで黒ずんだ歯を白く!-ウォーキングブリーチ

虫歯や外傷などにより歯の神経が死んでしまうと、歯が茶褐色になります。
通常のホワイトニングではこの状態にはあまり効果がありませんが、当院が行っている「ウォーキングブリーチ」を受けることで歯を白くすることができます。
歯の神経(歯髄)を取った後、歯の中に歯を白くする薬剤を入れ、変色した歯を内側から白くさせる方法です。これにより確実に白い歯を取り戻すことが可能になります。

また、ウォーキングブリーチではなく、審美歯科でも対応が可能です。 ウォーキングブリーチでは単に変色を改善するだけですが、審美歯科治療では、変色の改善以外にも、歯の形・歯並びも同時に改善ができます。詳細は審美歯科をご参照ください。

「白さ」の持続期間は?

これは非常に気になることだと思います。
残念ながら永遠に白さが維持されることはありません。
どのホワイトニング剤を使っても同じです。

白さが維持される期間は、生活習慣、日ごろのお手入れなどによって個人差があります。

白さを長期間維持するためには、着色しやすい食べ物をとらないことや、ホワイトニングメンテナンス用の歯磨き粉を使う事をお勧めします。

また、ホームホワイトニングより、オフィスホワイトニングの方が後戻りしやすい傾向がありますので、オフィスホワイトニングの場合は3~6カ月後に追加のホワイトニングを繰り返すことで後戻りを防止することが可能になります。

ホームホワイトニングに関しては1年に一度の追加ホワイトニングが目安となります。

この追加ホワイトニングを「タッチアップ」というのですが、これを定期的に行うことにより、変色しにくい歯になっていくという研究報告があります。

ホワイトニング剤は身体に害はありませんので、何度繰り返しても問題ありません。

また、半永久的に歯の白さを維持させたい場合は審美歯科治療がございますので、詳しくは審美歯科(リンク)を参照ください。

ホワイトニングQ&A

ホワイトニングを行うとどのくらい白くなりますか?
白さを追求するのがホワイトニングですので、もちろん白くはなります。
しかし、ご希望の白さまで必ず改善できるという保証はありません。なぜならば、生体にダメージを与えないよう安全にホワイトニングするには限界があるからです。

余談ですが、歯を白くさせるための方法には、「ホワイトニング」「審美歯科」「クリーニング」の3つがあります。それぞれ白くなる度合いのイメージは下記になります。

クリーニング、審美歯科に関しましては、予防歯科審美歯科をご参照ください。

以前に治療した歯にもホワイトニング効果はありますか?
ホワイトニングは天然の歯に対して作用するため、被せもの・差し歯には効果がありません。もしも、以前に治療された歯と天然の歯の色とで差異が生じた場合は、ホワイトニングされた歯の色合いに合わせて審美歯科治療をすることにより、全体的に美しい歯を表現することができます。
ホワイトニングができない人はいますか?
います。
無カタラーゼ血症、糖尿病、アレルギー、免疫疾患、呼吸器疾患、妊婦、授乳中の方はホワイトニングを行うことはできません。

無料個別相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

無料相談インターネット予約