入れ歯

台場フロンティアデンタルの入れ歯が、患者様に支持される4つの「理由」

今までしっかり噛むことができなかった入れ歯に我々の手が加わる事で、「噛める入れ歯」に生まれ変わる。そして患者様の生活が豊かになる。
特に高齢者は「食事」に大きな楽しみを持っていますので、その楽しみのレベルを上げる「入れ歯」製作は非常にやりがいを感じます。

「自分がされて嬉しい治療」、「家族にしてあげたい治療」。
この想いで日々診療にあたっています。

さて、当院の入れ歯が患者様から評価される理由を、患者様から頂いた声を参考にご紹介いたします。

選ばれる理由1 「多種類」の入れ歯をご用意

「見た目が気になる」「痛いのが我慢できない」「はずれてしまう」・・・・・など、患者様によって入れ歯の悩みは様々です。
その悩みを患者様が満足されるレベルで解消させるためには、昔から存在している入れ歯だけでは十分ではありません。
保険の入れ歯は技術的にも材料的にも50年以上から全然進歩しておりませんので・・・。

このようなことから、当院では一般的な保険の入れ歯(義歯)以外にも、効果が実証されている様々な最新の入れ歯をご用意しています。

「見た目」を良くしたい方

金属のバネが見えるのが嫌な方、もっとぴったりと密着した入れ歯を望まれる方、よく入れ歯が壊れて困っている方等にお勧めしているのが右記の金属のバネがない入れ歯(義歯)、ノンクラスプデンチャーです。

金属バネ部分を、歯ぐきに近い色の樹脂で作ることで目立たなくしています。

「痛み」を無くしたい方

「生体用シリコン」という特殊な弾性のあるゴム質の素材を、入れ歯の内側に貼ることで痛みをなくします。「無痛」入れ歯と呼ぶことができるぐらい痛みはでません。

特に下顎の総入れ歯でお悩みの方、あごがやせてしまってまっ平らになっていたり、今まであちこちの歯科医院で何回作っても、いつも痛みがなかなかとれず満足できなかった方にお勧めです。
これを活用することで、入れ歯がより一層密着するようになり、はずれにくく噛む力が倍になるといわれています。

当院では「コンフォート」と呼ばれる種類のシリコンをご用意しております。

「見た目」も「機能性」も追求したい方

見た目も機能性も追求したい方には、磁石を使った「磁性アタッチメント義歯」、インプラントを併用した「インプラントオーバーデンチャー」をお勧めいたします。
そもそも金属のバネが存在しませんので見た目も良く、しっかり固定されますので「噛めない」「外れてしまう」ということもありません。

磁性アタッチメント義歯

磁石の力を利用して入れ歯を固定させます。

特徴1.入れ歯を装着していることに気づかれません
金属のバネを使いませんので、入れ歯を入れていることに気づかれません。

特徴2.着脱が簡単
磁石で固定させているので、簡単に取り外しができます。

特徴3.しっかりと固定されます
強力な磁石を使っているので、動かず、外れません。
また、磁力は半永久的に機能しますので、取り換えなどの必要はありません。

特徴4.お手入れが簡単
シンプルな構造なので、お手入れは普通の入れ歯と変わりません。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、2~4本のインプラントを埋入し、現在使用している入れ歯をしっかり安定させる治療法です。
患者さんが自由に取り外しできるためメインテナンスが非常に簡易で、大きな外科手術を必要としないため全身的な負担も少ない治療法です。

「薄く」て「丈夫」な入れ歯が欲しい方

チタン、コバルトクロム、ゴールドを用いた入れ歯です。
この素材の一番の長所は、保険適用の入れ歯と比べて「薄く」できることと「壊れにくい」ことです。

また、これまでご紹介してきた様々な入れ歯と組み合わせることで、更によい入れ歯が作りだせることも特徴的です。

選ばれる理由2 コピーデンチャ-(診断用義歯)の利用

一般的な入れ歯の治療は「型を採って、入れ歯を作って終わり」というものですが、実はお口に合わない入れ歯が出来上がる主な原因はここにあります。

お口の状態は皆様が思われている以上に刻一刻と変化していきます。
歯肉の形、咬み合わせ、咬み方、舌や頬の筋肉などの変化です。

一般的な入れ歯治療ではこの変化を無いものとして治療を進めていきます。
つまりお口の変化を無視した入れ歯が出来上がりますので、当然お口に合う事もありません。

そこで当院では、コピーデンチャ-(診断用義歯)というものを利用しています。
簡単にご説明すると、「仮の入れ歯」で、歯並び・噛み合せ・フィット感・歯の色の調整を行います。
時間をかけて調整を行う事で、最終的には段々と変化が小さくなり、安定します。
その段階で初めて「最終形態の入れ歯」を作成することになりますので、お口の変化をすべて反映させた入れ歯が完成します。
あつらえの洋服を作るときに仮縫いをして、お客様に着心地を確認してから仕上げをするのと似ています。

この工程は非常に時間がかかるのですが、良い入れ歯を作るためには避けては通れない工程です。

※コピーデンチャ-はケースにより行う場合とそうでない場合があります。

選ばれる理由3 オリジナル性の追求

入れ歯の形は1つとして同じものはなく、すべてオリジナルです。
そのため作業工程においてもその方オリジナルの入れ歯が作れるような体制が必要となります。先ほどご説明した「コピーデンチャ-(診断用義歯)」もその1つですが、それ以外に当院が実施している作業をご紹介します。

個人トレーの利用

皆さんも経験があると思いますが、入れ歯を作る際、まずはお口の「型」をとります。
この型をもとに模型を作り、作業を進めていくのですが、すべての基本となる「型」がしっかりとれていなければ、完成した入れ歯にも「ズレ」が生じてしまい、噛めない・痛い・はずれる入れ歯が出来上がります。
当院ではこの「型」を精密にとるため、すでに規格の定められたトレーではなく、患者様オリジナルの個人トレーを1から作成し精密な型を取っていきます。

シリコン印象材の利用

シリコン印象材とは、お口の型を採取する工程で利用する材料です。
作成した「個人トレー」に「印象材」をのせ、型を取っていきます。
印象材には「シリコン」以外にも「アルジネート」と呼ばれる素材があるのですが、精密な印象を取るためには「シリコン」が必要不可欠ですので、当院ではこれを利用しております。

フェイスボウトランスファー・チェックバイト

何やら難しい言葉ですが、要は患者様に合った理想の「噛み合せ」を探る工程です。
この工程で探り出した噛み合わせを咬合器上に反映させ、入れ歯を作成していきます。

適正な噛み合せは、入れ歯を安定させます。
逆に、噛み合わせがずれていると入れ歯が合わないだけでなく、様々な不具合が生じてしまいます。この工程を如何に精密に、そして時間をかけて行うかが、良い入れ歯になるか否かの分かれ道となります。

※チェックバイトに関してはケースにより行う場合とそうでない場合があります。

選ばれる理由4 優秀な歯科技工士との連携

入れ歯は歯科医師だけで作成するものではなく、「歯科技工士」と呼ばれる方と共同で作っていきます。つまり、良い入れ歯を作るには、歯科医師の腕が良くてもダメで、歯科技工士だけの腕が良くてもダメです。歯科医師そして歯科技工士がともに高いレベルに合って初めて「良い入れ歯」が出来上がります。

当院では東京精密(株)という歯科技工所さんと連携し入れ歯を作っています。
非常に緻密で計算された入れ歯作りを得意とされています。
今回、代表の新田さんに、入れ歯作りへの想いを伺ってきました。
詳細は対談をご参照ください。

無料個別相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

無料相談インターネット予約